FC2ブログ

P森ーーA田んぼ

歩けども

森内で撮れた鳥さんはガビチョウのみ.

KP9A1569 - コピー


週末にはキビタキ♂がいたという情報の為、

再度、中を抜ける小路を歩いてみる、、、けれども、気配もない。

よっぽど、今季のキビタキ♂には縁がないらしい。

池から池へと滑空するカワセミを見送り茫然としていると、

達人M氏と、蝦蛄さんお二人が連れだってやって来られました。

お二人とも高収穫を思わせるニコニコ顔です。

ここは何とかあやかりたい・・。


タコノアシ

KP9A1577 - コピー


蝦蛄さんからアカガシラサギの情報を頂きましたので、

即効、田んぼへ向かいます。

行った時は、田んぼの端っこにいる様子でして、撮る為に回り込むと逆光側ですし

撮れてもねぇと思いながら、順光側で待機している方々に私も混じらせていただき、

暫し待ちの体制。

40分余もする頃、本命さんの頭がいきなりニュ~~ッと見えました。


デターーと、つい声をあげてしまいました(^^;

KP9A1655 - コピー

畔を跨いで、段々こちらへ近づいてくるではありませんか!

達人M氏と蝦蛄さんに会い、鳥運を分けて頂いたお蔭様ですね。


冬羽のアカガシラサギ

KP9A1747 - コピー



どんどんどんどん近づいてきます

KP9A1892 - コピー





KP9A2004 - コピー



そして、また畔の向こう側へ行ってしまいました。

KP9A2032 - コピー

しまいには

いきなり飛んで水路へ入ってしまいました。


アカガシラサギ

去年に引き続き、

今年も田んぼにアカガシラサギが飛来。

KP9A6524 - コピー

美しい夏羽です。



KP9A6562 - コピー




KP9A6579 - コピー



KP9A6581 - コピー



KP9A6582 - コピー



KP9A6583.jpg

頭の上近くを飛んで、茂った藪の奥へ・・・・。


オオタカ?

KP9A6545 - コピー



チョウゲンボウ

KP9A6656 - コピー


ウィンターコスモスさん

貴重な機会を頂きまして有難うございました。

再び・アカガシラサギ

広げると白い翼!

畔で狩をしたチョウゲンボウ
獲物はネズミ?モグラ?
土手を越えて飛び去ってゆきました。
きっと、雛への食事でしょう。

農地にて

夏羽アカガシラサギが立ち寄っているという事で
行ってきました。

ちょっと遠いですが、モデルが大きいので
なんとか撮れました

思いがけず並んでくれたので
大きさの比較になります
アカガシラサギの夏羽時は、
数年前、葛西臨海公園で撮った事があり、
冬羽時は、去年の10月末ごろ、マイフィールドの沼で撮りました。
その時の画像です。
秋と春で全く別の鳥ですねぇ。


この農地には、5、6羽のアマサギがいました。
今季は、レンジャクに振られて酷くガッカリしましたけれど、
カメラを向けたくなる鳥さんが、次々とお立ち寄りなので、
とても刺激的な日々です。

あぜ道にヒメアカタテハ・初見&初撮り

想定外の遭遇、冬羽のアカガシラサギ

去年のファイルを見ますと、
今時期、マイフィールドのこのエリアでアサギマダラを撮影しています為、
あわよくば・・・・という思いで出かけました。

ところが、
誰もいないと思いこんで入り込んだ周遊道路にて、
5、6名のカメラマンさん達が小さな沼にカメラを向けておられます。
なんとマイフィールドでは珍鳥にあたるアカガシラサギがいると聞いて、ビックリ。

アカガシラサギとの初めての遭遇は、4年前の葛西臨海公園で夏羽の頃に出会った1回きり。
今日、出会った個体は、すっかり地味な冬羽になっていましたが、この地味な姿も初見です。

割合、近くにいるのですけど、枯れかけた葦の色に馴染んで、
どこにいるのか、最初はさっぱり見えませんでした。
小さな沼なのに餌は豊富なようで、
小魚やザリガニ、小さな海老等を頻繁に捕まえては食べています。

水の中で、時々、ストレッチをします。
広げてみせた翼の内側や胴体部の羽毛は真っ白なのですねぇ。
エンジェルポーズ

お腹がいっぱいになると、
葦の近くに行き、動かなくなります。

プロフィール

ゆき

Author:ゆき
初めてのデジイチを手にしたのは2009年秋。
その年の冬以降、野鳥を主に身近な自然を撮って楽しんでいます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR