P森

朝から快晴。
今日も、蝶を探します。
キマダラセセリ

キチョウ
キタテハ

ミズイロオナガシジミ

ミドリシジミ♂
ミドリシジミ・♀
ウラギンシジミ
ウラギンシジミ産卵中

オオミズアオ初見・初撮り
蜘蛛
チュウガタコガネグモ初見・初撮り
ジグザグの特別のこの白い糸は
クモの体を隠すのに効果があるとみて「隠れ帯(かくれおび)」とよばれる
Mさん、Eさん、Yさん、
本日はお蔭さまで実り多く、とても楽しい蝶撮りが出来ました。
そして、羽化してまもないオオミズアオの初見チャンス迄をも頂きまして
重ね重ね、本当に有難うございます。
蜘蛛の名前、検索した結果、チュウガタコガネグモと判明しました。


P森

チョウジソウ

セリバヒエンソウ
小雨が時々は止むので
ゼフィルスがいるかと思っていきましたが
舞っているのは、ヒメジャノメが沢山。
ドクダミが満開です
12時過ぎ、引き揚げようと巣箱の前を通った所、
産毛ホワホワの雛ちゃんが20秒ほど、嘴までしっかり顔を出すシーンにびっくりの遭遇。
いつもなら沢山のカメラマンが陣取っているのに
お昼時と小雨のせいか誰もいなくて・・・貴重な瞬間を一人で見てしまいました。

M田んぼ


M田んぼにはアマサギがいました。

STKMの森

我が家から68キロ地点。
標高960メートルのお山です。

カケスに会いました。
キビタキ
ミソサザイ
コミスジ
コジャノメ

アサヒナカワトンボ

証拠写真レベルですけど、念願のクロツグミなので
あえてUPしました。
駐車場から歩き出したすぐの右手付近を2羽で飛び交っていて、
下草の茂る中にほんのちょっと降りた際、??と、シャッターを押したら
会いたくて会いたくてたまらなかったクロツグミでした。
次回は体全体、きちんと撮りたいです。



P森ーー田んぼ

奥の方の沼にはアオサギだけ

園路沿いの沼にいたハシビロガモは、とっくに抜けてしまい
今季はカイツブリも来ていなくて寂しい限りです。

クロアゲハとスイカズラの花
睡蓮

キタテハ

田んぼでシオカラトンボ♀
本日、今年初の真夏日になりました。

M田んぼ

チョウゲンボウ
このエリアが縄張りのようで
飛んでも、あまり遠くへは行きません。
真下は農道です。
背中側へ回り込んでみました
近すぎて、
飛びあがったその後の様子は半身だけのボケボケ。その後の飛び物もお手上げ・・・。

気を取り直して・・・・
葦原付近で雉カップルに遭遇
地味な♀ですけれど、とっても美しい♪



暑い!

暑いので、最初はK森に入りました。

芝広場にいつもいたツグミ達の姿も完全に消えました。
いるのはカラスだけ。
この時期、まだ森の中は涼しいです。

もう夏鳥はいないのか?と思いましたのに、
園路を歩くと、樹上からキビタキの囀りが聞こえてきました。
しばし、頑張ってみましたが、まったく撮る機会をくれません。
時間だけがむなしく経過する為、諦めて、荒川取水堰へ回りました。
ひょっとして、ササゴイがいるかも、、と思いまして。
このポイントのササゴイ、近年私には縁がなくなっていて
通っても巡り合えません。
今季今日で4、5回は来て覗くのですけど今日も気配なし。
いてくれたのは、コチドリだけ。




引き揚げる時、雉をみかけました。
縄張り内を巡回中?

雨です

出かけられないので
小窓に撒く玄米をめあてにくる雀に相手をしてもらいました。

小窓の前方にある電線に一旦とまり、玄米があるか否か確認するのです。
やってくる雀は食事をし、糞の置き土産をします。
糞は固くなってしまうので、雨の日はよい掃除日和です。
雀「あれ?この窓、今日はどうして開けっ放しなの?」

雀「玄米貰えるのはいいんだけど、気を付けないとね。でっかい猫がいるんだよ、このうち」

雀「お腹はすいてるけど、危険すぎる。2粒、一気に食べちゃおっと・・・」

この春に巣だった雛ちゃん。
先週は親鳥に一粒一粒食べさせてもらっていましたが
今日観ていると、自分で食べられるようになっています。
雛ちゃんは、開いている窓に危険を感じるよりも
興味津々って感じかな?

雀「ちわ~っす♪ 玄米頂いていきま~す」

I沼

コアジサシ


 お嫁さんをgetして得意そうな雰囲気の♂


カイツブリも営巣中でした
カップルの1羽は頻繁に巣材を運んできて
増築に余念がありません。


卵がチラッとみえました。
ずっと卵を抱いていた左の親が水に入ると、
今迄、巣材をマメに運んでいた右の親が今度は交代で
卵を温め始めました。
今季、このポイントでのカイツブリは3カップルが営巣中です。

カワセミ父さんも、漁をしては
巣のある方へ魚を運んでいました。


再び・アカガシラサギ

広げると白い翼!

畔で狩をしたチョウゲンボウ
獲物はネズミ?モグラ?
土手を越えて飛び去ってゆきました。
きっと、雛への食事でしょう。

農地にて

夏羽アカガシラサギが立ち寄っているという事で
行ってきました。

ちょっと遠いですが、モデルが大きいので
なんとか撮れました

思いがけず並んでくれたので
大きさの比較になります
アカガシラサギの夏羽時は、
数年前、葛西臨海公園で撮った事があり、
冬羽時は、去年の10月末ごろ、マイフィールドの沼で撮りました。
その時の画像です。
秋と春で全く別の鳥ですねぇ。


この農地には、5、6羽のアマサギがいました。
今季は、レンジャクに振られて酷くガッカリしましたけれど、
カメラを向けたくなる鳥さんが、次々とお立ち寄りなので、
とても刺激的な日々です。

あぜ道にヒメアカタテハ・初見&初撮り

ピラカンサの白い花とカワセミ

ピラカンサの白い花が咲く頃になりました。
本日は、三脚使用。

約40分位でお越しがありました。
子育て真っ最中のようです。


飛ぶかと思われましたが、すぐ下の枝に止まり、
ベッタリと座り込んだような状態を5、6分。
子育てが大変なのでしょうねぇ。

この後、
下の池に飛び込み、大きな魚を捕って
魚の向きを持ち替えてから
巣穴のある方へ去りました。
飛びものは苦手ですけど、証拠写真を・・・

善光寺参り


東日本最大の規模を誇る江戸中期仏教建築の傑作

長野・高山村を目指します

テレビで観た、ここ!
嬬恋を妻恋にもじっての村おこしイベントが開催される地です。

万座温泉
空気に硫黄の臭いが漂っています
目指す高山村エリアに入りました
日陰に雪が残っています
この峠を下った先に高山村があります
眼下にみえてきた高山村


林檎の木・・・こんな大木になるんだぁ!!

山と、林檎園と田んぼ
古木にタンポポが寄生してる!!
高山村のブドウも美味しい♪

福島正則・・・・安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将

軽井沢・出会ったその他の野鳥達

キビタキ
沢で
ミソサザイ
一生懸命に巣作り中でした
ゴジュウカラ
サンショウクイ
コガラ

サンコウチョウ

マイフィールドにサンコウチョウが入りました。
もっとも、マイフィールドは彼らの営巣地ではない為
ちょっとの間の、お立ち寄りです。

オオルリ三昧

我が家は長年、
長野の高山村から林檎を取り寄せています。
主人が、その村の様子を観たいものだと言いだした事で
今回の長野行きとなり、お蔭さまで軽井沢・野鳥の森に立ち寄る機会を得ました。

耳に心地よい囀りを
度々聞かせてくれました

オオルリを真上から見た機会は
これが初めてです。

在庫より

キョウジョシギ三昧

キビタキ&エナガ団子

P森では、複数のキビタキがいる模様。
♂が翼を震わせるシーンを度々目撃しました。
ちょっとブレブレですけど、こんな感じです。
これって求愛アピール?



数年ぶりにエナガ団子をみました。
巣だったばかりのエナガの雛が同じ枝に固まって止まっている事を
エナガ団子と表現するのだそうです。

今日も午後から田んぼに行ってみました

ムナグロ今季初
ムナグロのこの色の違いは、年齢差であって
成鳥になると雌雄同色になる事を、近年教えて頂き
知った次第です。


今日もメダイチドリがいました。
遠いけれど、タシギとのツーショットです。
ほとんど寝てばかりだったタシギ。


同じエリアに
初見・初撮りになったキョウジョシギ(京女鴫)がいました。
華やかな夏羽を京女に見立てたのが和名の由来だそうです。

プロフィール

ゆき

Author:ゆき
初めてのデジイチを手にしたのは2009年秋。
その年の冬以降、野鳥を主に身近な自然を撮って楽しんでいます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR