ムラサキツバメシジミ・ムラサキシジミ

ムラサキツバメ



ムラサキシジミ ♂

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます



ムラサキツバメとムラサキシジミ

両方とも、翅を広げた紫が綺麗に撮れて

凄い!です!




No title

おはようございます

ムラサキシジミは見た事あるけど、

ムラサキツバメは見た事無いです~

翅の突起が目印ね

珍しいチョウさんを同時に見つけて良いですね~

いつか会いたいな

No title

おはようございます!

当地には ムラサキツバメは皆無に近いです。

よって未見です(^^;)

両方が撮れて 良かったですね~!ヽ(^^)ノ



さて、余談ですが・・・ 今朝のPCニュースで・・・「埼玉の小京都」を紹介されてましたv(^^)

比企郡の小川町です。

和紙などの伝統産業が有名で、特に細川紙を作る製紙技術は国の重要無形文化財に登録され、ユネスコ無形文化遺産にも登録されているそうです。



また、小川町の隣町の嵐山(らんざん)町も東の嵐山(あらしやま)と呼ばれている場所だそうです。嵐山町は、昭和の初め、著名な林学博士が同地に流れる槻川(つきがわ)を見て、「京都の嵐山に似ている」と感動したといいます。それが、町名のもとになったそうです。 両町を一緒に周ると楽しいそうですよ。

No title

ウィンターコスモスさん、こんにちは



昨日、朝に、練馬から友人が「今、A公園にきているの。もし、このメールを読んだら、、アカガシラサギのいる場所を教えて欲しい」とメールがはいり、すぐ電話して場所を教えたのですが、私も休みで特に用事もなかったので、即座に行ってきたのですよ。そうしたら、私が撮ったあの小さな沼は完全に干上がっていたので、ビックリしました。

ウィンターコスモスさんが、(干上がった沼にいた)・・・のような事をブログにお書きになっておられたので、????と思っていましたが、ほんとに、おっしゃる通り水がなかったです~~。

勿論、友人が撮りたかった本命もいなかったわけで、ガッカリしていましたら、周遊道路沿いで、この2種がヒラヒラ。。

珍しい蝶を2種も撮れて、友人も喜んで帰りましたから、勿論私も、ですが、昨日は、空振りを免れて、良かったです。

No title

とりこさん、こんにちは



ムラサキツバメは、春に見かけない為、きっと関東では繁殖できないらしいです。なので、あまり見る機会がなく、撮るにはムラサキシジミより価値がある、、と達人に教わりました。

検索しましたら、そのようで、今、マイフィールドで舞っている個体等は、成蝶が風に乗ってやってきたものと思われるようですよ。

撮ったエリアは、春にミドリシジミがいたあのエリアの周遊道路沿いです。ミドリシジミと同じような場所を好むんですねぇ。

No title

白竜雲さま、こんにちは



ムラサキツバメは、やはり白竜雲さまの地域でもみかけない蝶なのですね。こちらでも、春は全く目にしませんが、秋のこの時期に、成蝶が風に流されて、たどりつくらしく、時々、シャッターチャンスがあるんだよと、達人がおっしゃっていました。両方が撮れて、両手に花状態?でした!(^^)! もっとも、鳥さんには空振りましたけど。



PCニュースで、埼玉の小京都を紹介されていたのですか!

埼玉といいますと、秩父辺りが、そこそこ知られた名所で、全国的レベルでは、観光地としての認知度がかなり下位とか言われていますねぇ。なので、一生懸命PRに努めているのでしょうかね?



デジタル一眼で、写真を撮るのを趣味にして以来ですから、ここ6年程の話ですけど、小川町は、春先はカタクリの里に、カタクリの群生地&ニリンソウの群生地があって、複数回お世話になっているのです。細川紙を作っているのは、小川町やそのお隣の東秩父地域でして、東秩父は、「花桃の郷」という町起こしをやっており、花桃が咲く頃に一度、娘と行ってきました。

嵐山には、美しい場所が沢山ありますが、私にとっては、

ウィンターコスモスさんから教わったあのオオムラサキの里が印象的。あの、白いスーツの議員さんが、仕分けで無駄を訴えておられた「女性会館」も、すぐ近くにあって、美しい森に囲まれた中にたたずんでいます。昔、見学に行きましたら、素晴らしい環境の中にあるのですが、いる人間は職員さんだけで利用者がみられず・・・なんだか、もったいない感を、その頃から感じたものですけども・・・・・これ、内緒のお話です~(^^;

考えたら、この辺りは、昔ながらの里山や、せせらぎなど、大切な自然が色濃く残っていて、それはひとえに里山を次の世代に残そうと活動されておられる方々の沢山のご苦労があってこそ、土地開発の波にかろうじて飲まれずに済んで、オオムラサキも、カタクリも、見られる嬉しいポイントのわけですよね。

これからも、カメラを趣味にできているうちは、何度もお世話になるお気に入りの場所です。

No title

こんばんは

ゆきさんの写真では水があったので

行ったときあれ?!ここでいいのかな?と思いましたけど

あそこは水があることって少ないですよね?

池というより湿地の中の窪みって感じですね〜

アカガシラサギは一泊だったみたいです

一泊も初めてのことだそうです

見られたのはほんとに幸運でした

ゆきさんの情報で翌朝早く駆けつけたお陰ですね

誰もいなかったのですよ〜

多分一番乗りで見つけました^〜^)



ムラサキツバメ、気になったのでチェックしてみました

地元の公園で2度見ています

9月(2011年)と8月(2015年)です

一度目はバラ園のバラの葉にとまっていて、

ゆっくり羽を広げたのが息をのむほど美しかったです

二度目はムラサキシジミと一緒に雑木林の縁にいましたが

どちらもとまったときには羽をひろげてくれませんでした

No title

ウィンターコスモスさん、こんばんは



おっしゃる通りです、あの湿地は、水が溜まっていない事の方が多い場所なのですよ。よっぽど、雨が続いて雨量が多ければ、かろうじて沼になりますよね。昨日、現場に行って、この目で確認するまでは、アカガシラサギが水のない場所へ移動したんだろうか?と、考えていましたよ。

それにしましても、短時間で干上がった、水が無くなったという事ですよね? 魚や小海老、アカガシラサギが食べちゃったのでしょうかね?日干し状態の魚は転がっていませんでしたもの。



ムラサキツバメ・・・・そちらの公園でも、撮影チャンスがありますか! 薔薇にとまってくれたなんて、物凄いゴージャスな絵図になりましたねぇ!! 春に見る事がない為、関東辺りでは、繁殖はしないだろうと言われていますが、卵とか、幼虫が冬を越せないんでしょうかね?

No title

たびたびおじゃましま〜す



バラとはいえ、葉っぱですから〜

その時の記事にコメントくださった方によると

産卵、羽化はあるみたいですよ〜

お住まいは東京都の西の方だと思います

(記事、リンクしました)



ゆきさんの写真の翌朝なのに

こんなに干上がっちゃうなんて?!と不思議でした

泥をつついて小さな何かを食べてました

泥の中に色々と潜んでいるんでしょうねぇ〜

No title

ウィンターコスモスさん、お早うございます。



興味深い記事のリンクを有難うございます。

西東京辺りでは、繁殖しているという事を読ませていただいて、

他にもそういう報告はあるのだろうか、と、ちょっと検索しましたら、千葉では、近年、冬に集団で越冬している成蝶がみられたという話です。温暖化が影響しているのか、食草のマテバシイが公園に多く植樹されているようになったためなのか、、と色々書いてありました。夏以降は、A公園でもチラホラみかけますので、ひょっとして繁殖しているのかもしれませんね。
プロフィール

ゆき

Author:ゆき
初めてのデジイチを手にしたのは2009年秋。
その年の冬以降、野鳥を主に身近な自然を撮って楽しんでいます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR