オオルリ三昧

我が家は長年、
長野の高山村から林檎を取り寄せています。
主人が、その村の様子を観たいものだと言いだした事で
今回の長野行きとなり、お蔭さまで軽井沢・野鳥の森に立ち寄る機会を得ました。

耳に心地よい囀りを
度々聞かせてくれました

オオルリを真上から見た機会は
これが初めてです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おかえりなさい!

ずいぶんと堂々とした立派なオオルリですね!!

目も光ってさすがの写真、すばらしいです。

深い青がいいです^=^v


No title

高山村というと長野市の小布施の近くの村ですか?

オオルリ 綺麗に撮れましたね。

色具合が本当に素晴らしく 美しいです。

知らない出先で こんなポイントを見付けるなんて

凄い腕前ですよ。 立派!

No title

本当にオオルリ三昧ですね。

オオルリ目線で良い枝に乗ってくれて、撮れるなんて最高ですね。

いい日に行って旦那さんに感謝ですね~~。

いろいろ見せて下さい。

No title

ウィンターコスモスさん、こんばんは



今回は主人が許した時間が2時間程度でしたため、登る沢と、行ける場所を東屋迄と絞って、最大限&存分に楽しむことにしました。

お陰様で、マイフィールドでは撮れない位置からのオオルリを眺め、撮るという嬉しい機会を得ました。

途中で簡易椅子に座りコルリを待っているという人もおられましたよ。そこまでは時間的に出来ず、心を残しながら場所を去りましたが、今回も沢山のアドバイスをくださいまして

本当に有難うございました。

No title

玉五郎さん、こんばんは



林檎を取り寄せている高山村は、その小布施の近くの村だと

主人が言っています。須坂市・長野市街を一望できる、ちょっと小高い丘陵地にあるエリアです。林檎、葡萄、桃の生産地でもあって、季節になりますと、我が家では林檎と、葡萄を主に一冬に何回か買い入れています。

地元の人に今回出会いましたが、

「青森産に色あいと形では負けるけれども、味は負けない」と自信を持っておられました。確かに美味しいと思って、鹿児島の林檎好きの母にも時々、送るのですよ。

それと、オオルリを撮ったポイントは、去年に引き続き今回は、2回目になった軽井沢野鳥の森なのですよ。

去年は、初めて行きましたので、風景重視でカメラを選び、

秋口の軽井沢を楽しんだのです。

No title

ちー3歩さん、こんばんは



オオルリ、今季のマイフィールドでは、私にはかなり手ごわくて、かなり心残りのまま、お立ち寄りがパタッと途絶えてしまった感じなのです。

主人が、かねてから、

「このGW中に行ってみたい場所は、長野・高山村で、林檎の木の様子など一度位はみたいものだ」と、言っていまして

嬉しい事に今回軽井沢に立ち寄る時間をくれました。

そして、マイフィールドでは、撮れなかった目線でのオオルリ等を撮れたのです。

自分では、ここまで一人で運転してゆく自信はとてもありませんので、本当に主人のお陰です。普段は鳥にあまり興味の無い主人ですけど、初めて見たオオルリやミソサザイにかなり喜んでいました。

No title

こんばんは!

いやぁ~! ますます 冴えていますね!ヽ(^^)ノ

どうした訳か この間から ピント+色彩が バッチリで・・・画像が最高に美しいですね!♪(^^)

御主人様・・・そろそろ野鳥に のめり込まれるでしょうね!

野鳥が居たら 一度 カメラを御主人様に手渡されると 良いですよ!

野鳥を撮った方は 必ず野鳥撮りに のめり込まれますから!

No title

こんばんは

まあ~ 野鳥の森にお出かけだったのですね

オオルリを確実に撮られて さすが野鳥の森ですね

行かれても必ずしもでは無いのに すごくラッキー~

とても美しいです



リンゴの様子を見に行かれたご主人も野鳥に興味をもたれるのは時間の問題かな

とても端正な美しいオオルリゲットおめでとうございます

No title

白竜雲さま、こんばんは



マイフィールド仲間の蝦蛄さんから、過日、ホワイトバランスや、ピクチャースタイルの件で貴重なアドバイスを頂いたのです。それまで購入時のままの設定でした(^^; そういう所の数字をいじる事を実はほとんど知らないのです。

主人が、デジタル一眼に興味がない人ですし、わたしも、この数年にわたって、ISOの上限を設定する事や補正を変える程度位だったら、わかるようにはなっていますが、後はMENUの中身を知らないまま、カメラにすべてお任せなのです。

白竜雲さまが、以前より色味が良くなったと褒めてくださったのは、蝦蛄さんのご指導の賜物ゆえなのです。私のUPする画像をみて、設定のアドバイスを、機械音痴の私に、なるだけわかりやすく教えてくださる先生を得て、かなり力強いです。

主人・・・・フィルムカメラを持っていたのですけど、ほとんど、使っていなかったのですよ。聞くと買ったのは質屋からで20代当時12万もしたカメラだそうです。滅多に皮フォルダーから出してもらったのを見た事がありませんでしたよ。

で、最初の子供が産まれた事をきっかけに、子供の成長を撮りたいと思った私が使う事になり、カメラも日の目を見た位。

私が野鳥を面白がって追いかけているのを知っても、休日は畑で土をいじり、野菜達の相手をするのが、うんと楽しいと言うのです。野鳥に嵌ってくれたら、あちこちのポイントへ連れて行ってくれると思うのですけどねぇ。フィールドでご夫婦カメラマンに出会いますと、酷く羨ましい私です。

No title

とりこさん、こんばんは



GWの中の数時間を主人が鳥見に割いてくれたお陰で、今回、オオルリを撮る機会を得ました。コルリを待っている方もおられましたので、コルリが出てくれる可能性があると分かり、撮りたい撮りたい・・と心の中では切望していましたが、時間限定でしたので、心を残し、野鳥の森を発ったのです。

主人は残念ながら、野鳥にはあまり興味はないようです。現場では初めてみたオオルリの美しさと囀りに感激していましたけど、今日も朝早くから畑に行ってしまいました。高山村で林檎の様子を観たいのも、趣味の野菜作りの延長上なのです。去年も、嬬恋のキャベツ畑を観たいといって出かけ、現地で出会った農家の方と、話が盛り上がっていましたしね。
プロフィール

ゆき

Author:ゆき
初めてのデジイチを手にしたのは2009年秋。
その年の冬以降、野鳥を主に身近な自然を撮って楽しんでいます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR