長野・高山村を目指します

テレビで観た、ここ!
嬬恋を妻恋にもじっての村おこしイベントが開催される地です。

万座温泉
空気に硫黄の臭いが漂っています
目指す高山村エリアに入りました
日陰に雪が残っています
この峠を下った先に高山村があります
眼下にみえてきた高山村


林檎の木・・・こんな大木になるんだぁ!!

山と、林檎園と田んぼ
古木にタンポポが寄生してる!!
高山村のブドウも美味しい♪

福島正則・・・・安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは!

ついに リンゴとブドウの高山村に着きましたね!

御主人様も 村の風景を御覧になって、 感激の面持ちでしたでしょうね!♪(^^)

こりゃあー リンゴとブドウが美味いはずだ!!・・・と仰られたことでしょう!



カメラの設定を、ありがとうございました! 

あれあれ・・・寝る前には カメラの取説を読まれる ゆきさまが・・・カメラの設定は あまり 触らなかったのですか!?

私は、「風景」の設定では撮っていませんが、蝦蛄さまが、「風景設定で撮っている」と仰っていたので、ゆきさまも その設定かな?・・・と、推測した訳です(^-^)

No title

白竜雲さま、こんにちは



お天気は下り坂ですねぇ。

今回の長野行き、ほんとに楽しかったです。

軽井沢野鳥の森での鳥み目的散策がようやく叶い、毎冬美味しい林檎を(出初めは、信濃ゴールドや信濃スイート等、それから12月に入ってサン富士)届けて貰える産地・高山村を峠の上から眺め、村におりては、主人は、林檎畑の様子を興味深く眺め、畑で作業していた方と暫し語らう時間がもてて、楽しそうでした。そして、戻ってきて翌日の夜は、同じ高山村の林檎を注文するようになった旧友と、早速長電話していましたよ(^^;



カメラの取説を時々読むのは、例えば、65点のAFフレームをいざという時、切り替えるには・・などの手順を再認識する為とか、、取説に書いてある操作法でちょっと関心がある項目を、読んでみたり、です。今は、もう、そんな事は滅多にないのですが、時々、鳥み現場で操作法が??となったり、するのですよ。すぐ忘れるといいますかねぇ、脳味噌に確実に入らない・・・。

しかし、カメラの設定をこう切り替えると、この状況に合わせた効果的な撮り方が出来ますよ的な事は、、ちっとも理解できないままでした。

まぁ、取りあえずシャッターを押せば、、鳥さんは写るし、ピントは合っているし、これでいいか!で、これまで、やってきたわけです。

蝦蛄さんは、ご自分のお撮りになった画像に、ノイズが乗ってしまった、とか、ケラレとか、おっしゃるのですけど、私には、その画像が、だからどう問題なの?って感じで、良くわかりません~。そんな感じで、きっと、私が撮る画像に、何かが欠けてると感じておられたのかもしれません。で、ホワイトバランスや、ピクチャースタイルの設定をアドバイスしてくださったのだと思うのです。


No title

高山村って、長野でも随分奥の感じですね

これは美味しいリンゴが出来そう~

今度お取り寄せのお店を紹介して下さいね!



それから撮影時の事、私もいい加減でゆきさん以上です

ですので、せっかく撮りに出かけても全てパーになんてことざらです

その時々に会ったモードで設定するって大変

多くはカン違いしたりしてくるってしまってます  トホホ

お泊まりはどの辺だったのでしょう?

今頃の長野良いでしょうね~♪

No title

とりこさん、今回の長野行きは、主人の「高山村がみてみたい」が、一応主目的なのでした(^^; 

今回も、昨年の嬬恋キャベツ村の時と同様に、主人は、農家の方とお話する機会がありましたが、その際、

「林檎は、見た目と形は青森産が上かもしれんが、味はうちが勝ってる!」と地元の方が自負しておられましたよ。

私たちは正直、林檎が好きではなかったのですけど、ここ高山村の林檎を食べてから、林檎好きになったのです。

お泊り・・・・実はですねぇ、主人の出す条件は、もうひとつあって「日帰りできる範囲」なのですよ。もう、年齢的にも、どこかにとまってゆっくりしたい、安い宿でいいから、、と言いましても、「待っている猫の為に、その日のうちに帰る」です((+_+))

よって、横川PAでちょっと仮眠し、戻ってきた次第です。
プロフィール

ゆき

Author:ゆき
初めてのデジイチを手にしたのは2009年秋。
その年の冬以降、野鳥を主に身近な自然を撮って楽しんでいます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR