今季初・ツツドリ




アズチグモ


マイコアカネ


スケバハゴロモ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ウィンターコスモスさん、こんばんは



今日は予定通りに目的のポイントへ直行しました。

ツツドリは、高所を右へ左へと飛びかい、私が観ただけでも2羽はいるようです。

赤っぽい個体を撮った人もおられるので、もっと来ているのかも。今日は枝被りや逆光でイマイチなのですが、今季初なのでとりあえずUPです~(^^;



下の蛾はM氏やT氏に名前を教えて頂いたのですが、忘れてしまいました(*_*;

No title

5月の初めの頃だったか 秋ヶ瀬で筒鳥の声を

幾度か聞きましたが 姿は見えませんでした。

別の小鳥の巣に卵を産み付け 横着な鳥との事。

もう繁殖行動は終わったんでしょうかね~。

9月に入ったら また秋ヶ瀬にでも出かけて

運動方々 様子見でも始めようと思います。

No title

おはようございます!

ツツドリ・・・でーな すげぇ~! 未見です(^^;)

アズチグモ・・・でーな 珍しい! 出会ったことが ありません!

テントウムシの飛び出し・・・ こんなシーンを撮りたいのですが・・・なかなか!^^;;

おっ! アキアカネではなくて 私が撮りたい 絶滅危惧種になりそうな 『マイコアカネ』ですよ! 顔面の青も でーな綺麗! 居る所には 居るのですね!

翅が透き通っている 最後の蛾は、マダラガ科の蛾でしょうね!

 

No title

玉五郎さん、こんばんは



ツツドリやカッコウ、ホトトギスらは、卵を他の種類の鳥に託したら、涼しいお山にでも行ってしまうのでしょうかねぇ。

渡りの時期がきたようで、またマイフィールドにやってきていますよ。来たばかりで、撮るにはちょっと手ごわいのですけど、9月に入ったらもう少しは落ち着いてシャッターチャンスをくれるかもしれませんね。


No title

とりこさん、こんばんは



いま、マイフィールドのMツ池エリアにやってきているのですよ。彼らは桜の木につく毛虫を食べに、音もなく飛んできて、音もなく去ってしまいます。でも、20分おき位に飛んできますよ。20分間隔なので、Mツ池エリアを一周して蜘蛛やトンボを撮って間をもたせました。

No title

白竜雲さま、こんばんは



マイコアカネの件、有難うございました。早速書き換えてきました。珍しいトンボが、マイフィールドの一角でも、棲息しているのですねぇ。これからは、もうちょっと気を付けて探してみます。蛾はマダラガで再度調べてみます。

デーナって、とっても、とか、かなり、、とかいう方言ですか?鹿児島弁でも、同じ意味で〖テゲナ〗と言うのですよ。似ていますねぇ。

No title

おはようございます!

昨夜は送信出来ませんでした^^;;



《でーな》・・・は、<とても>という鹿児島弁だと、TVで鹿児島の人が言っていたので、これはゆきさまのコメント欄で使えると・・・待ち構えていました♪(^^)

鹿児島市郊外でも、『まこち、でーなこてないもした』と、使う人も 昔は居たようですが・・・今では、どうも、鹿屋方面の一部でしか 使われていないようです?

そうそう・・・《でげな》が一般に通用する鹿児島弁の<とても><大変>ようです。



マイコアカネ・・・ウィンターコスモスさまのコメントを拝見して、早速、コメントしました(^o^)

当地で苦労して探してる「マイコアカネ」が、ゆきさまの お近くで、簡単に見られるとは!

羨ましーです(^〇^) 

次回は、舞妓さんのように、お化粧している顔を 正面からアップで撮ってみて下さい♪(^^)

 

No title

ウィンターコスモスさん、こんにちは



ほんとに、マイコアカネでしたよ。

撮った私もビックリです(^.^)

Mツ池に入ったら右のトイレの方へ歩いて回り込んだ涼しげな辺りで撮りました。てっきりアキアカネだと思いこんでいました。この雨天が去ったら、わたしももう一度行ってみようと思います。

No title

白竜雲さま、こんにちは



鹿児島弁は、もう今の40代以降の人たちは使っていないと思います。イントネーションだけが残って、言葉というか単語や動詞・形容詞などなどは、ほぼ標準語です。鹿児島弁は悪い言葉という教育を受けた時代があって(私も小学校での教育でうけました)その影響もあって独特の言い回しは消えたのではないでしょうか。子供たちが小学生の頃ですが、夏休みを利用して薩摩川内市に帰省したおり地元の子との交流に家族で参加した事があったのです。主人が地元の小学生たちに鹿児島弁で「どんこをちかめてけ」とか、色々語りかけたら、さっぱり通じない。主人が「お前たちは鹿児島人間なのに、鹿児島弁もわからんのか!」と本気であきれていて、後ろで聞いていた私は主人の鹿児島弁の方に吹きだしてしまいました。

ちなみに「蛙を捕まえて来い」です。

No title

白竜雲さま、鹿児島弁で盛り上がってしまい、肝心のコメントを忘れました。

次回、このポイントへ行ったら真正面から、マイコアカネを撮ってみます(^.^) マイコアカネのマイコってマイコさんから来ているのですねぇ。

PS,今、我が家では母と主人が鹿児島弁でよくしゃべっています。主人が何かいうと、母が「あんで、あんで」と相槌を打ちます。そうだ、そうだという意味です。私の世代では、もう、この「あんで」も言いません。母が鹿児島弁を語ると懐かしいです。

No title

ウィンターコスモスさん、こんにちは



鹿児島弁は関東の人にはちょっとした外国語のようだと思いますよ。単語自体が違いますし、しかも、縮めていうのですよ。聞かれた当時、ちんぷんかんぷんだった事でしょう。その鹿児島弁も、学校教育とテレビの普及などで使う人は激減していると思います。

ところで、鳥羽井のツツドリ、毎年来てくれて嬉しいですよね。先程、お邪魔して拝見してきました。バッチリですねぇ。土手から撮られたのですか?
プロフィール

ゆき

Author:ゆき
初めてのデジイチを手にしたのは2009年秋。
その年の冬以降、野鳥を主に身近な自然を撮って楽しんでいます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR