今日もノビタキに出会った

A田んぼの水路へゆきました。

ここにジョウビタキ♂&♀がきています。

鳴き声でやっと姿をみつけましたが、対岸の木の陰にすぐ隠れてしまいイマイチ。

今季初という事で・・

KP9A7880 - コピー


KP9A7853 - コピー


いつものチョウゲンボウ

KP9A7782 - コピー


KP9A7805 - コピー

餌探し中


KP9A7806 - コピー



KP9A7807 - コピー



KP9A7845 - コピー

右足にバッタのような虫を捕まえています


KP9A7846 - コピー


M田んぼへ向かいました

KP9A8420 - コピー


先週と同じエリアにまだノビタキがいました


KP9A8013 - コピー



KP9A8029 - コピー


コメントの投稿

非公開コメント

No title

ゆきさん、こんにちはー。

まずは前ページから。ノビタキ良い雰囲気で撮られましたねぇ。
自分は、今一歩だったので羨ましい所です(^^;
それより、ホオアカを写されていたんですね!!これは多分
秋ヶ瀬では一番乗りじゃないですか!達人たちもまだ
写していないと思いますよー、さっすがー♬

で今回は、ジョビオくんとジョビ子をペアで写されてイイなぁ~。
チョウゲンボウもGETできて言うことありませんね(^^)v

No title

ノビタキとジョウビタキが混在って珍しいのでは??

ジョビ男くんとジョビ子ちゃんが早々、しかも同時にって羨ましい!!

いつもながら、どの写真もピントばっちり〜
爽やかな色合いでとっても素敵です。

蝦蛄さんへ

こんばんは
ノビタキ、渡って来た当初はタイミングが悪く
場所を教えて貰っても、なかなか遭遇できなかったのですが
このM田んぼは長逗留らしく、たまには花にとまってくれたりして
有難い事です。

ホオアカには、自分でもびっくりしました。
M田んぼにもきているのですねぇ。
去年の冬でしたっけか?A田んぼの水路際のススキにいるのを朝7時頃撮ったのは。
あれがホオアカの初見初撮りだったので超が付くほど嬉しかったです。
今回は、セイタカの上に何か黒いものがとまっているなぁ、、ノビタキかな?と思って
とりあえずシャッターを押したため、確信をもって撮ったわけじゃないので、
感激とまではいきませんが、いるんですねぇ、我が家の近くにも。

ジョビ男とジョビ子、今季はかなり早い遭遇でしたが、
画像的には不満足なので、また再チャレンジします。

このチョウゲンボウ、足元近くに平気で降りてきたのです。
手持ちもあって、慌てすぎてピントが合わず、ガックリでした。


ウィンターコスモスさんへ

こんばんは
冷え冷えしてきたと思っていましたら、雨が降っています。
これからは一雨ごとに寒くなっていくのですねぇ。

このジョビたちはMツ池奥から入りこんだA田んぼエリアの
水路沿いなのです。
もっとも、達人方々は、このエリアの蒲の穂にとまったノビ君を
撮っておられるので、混在しているわけですね。
私は、先週と同じM田んぼに移動して撮りました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

チョウゲンボウも良いところが撮れましたね。
猛禽も色々と見かけるようですが 私にはまだ同定は
難しく判別できません。
やはり目撃する回数も少ないので 記憶に残らない為
かもしれません。
そういえば我々のテニスクラブの仲間で「チョウゲンボウ」
という名前のグループがありますよ。
命名の由来は知りませんが・・・。

玉五郎さんへ

こんばんは

テニスクラブチーム名・チョウゲンボウは何か意味があるのでしょうかね?
聞いてみたい気もあります。
河川敷近くに家がある私にとってはチョウゲンボウは割と身近な猛禽で
お隣のベランダのエスロンにとまっていたこともあったのですよ。

今日もM田んぼは、ノビタキ撮りのカメラマンが多かったようで
午後から行った卓球サークルで、犬を散歩させる仲間から
「いま、そこの下の田んぼに何がいるの?凄いカメラマンだよ」と
聞かれました(^^;
まだ、いるんだなぁ、ノビタキ、、と思いました。



ジョウビタキ!

こんばんは!
ジョウビタキが来たと、皆様がブログで紹介されているので、
今日、私も 会いに行きました♪(^^)
チョウゲンボウなど 良い御写真ばかりですね!ヽ(^^)ノ

白竜雲さまへ

こんばんは

達人と陰でこっそりお呼びさせていただいている方々のブログを拝見いたしますと
ここ数日、ジョウビタキ画像がUPされておりますので、
心躍りつつ、現地に向かいました(*^_^*)
ところが、まだ、かなり手ごわかったのです。
なかなか良いチャンスを貰えないまま、、根気も失せ
帰ってきてしまいました。
次回こそ、です。


チョウゲンボウは、私の行動範囲である近くの河川敷では
割合よく遭遇するのです。
河川敷にたっているグラウンドの支柱とか、
電線や電柱にとまっていて、あとは、遠いか近いか、ですね。
この日も
「あのチョウゲンボウ、朝からあの電柱にいるんだよ」と
ご一緒させていただいたカメラマンさんが
おっしゃっておられたのです。

No title

こんばんは
チョウゲンボウが確実に見られる『場所と聞いて
はるばる都下の稲城市まで行った事がありますが、(60キロ以上)
お近くにポイントがあるのは良いですね
猛禽でも姿可愛いし・

ジョウビタキ、ノビタキ どちらも可愛い
近辺では会えないから良いな~ と思います

とりこさんへ

このチョウゲンボウは、A公園Mッ池エリアから裏の田んぼ側へいくと
「いつもの」と、前置きをしてしまうほど、ほんとによくみかける個体でして、
ここが縄張りのようです。
ここは、A公園を控えているせいか、森内にいるカラスに
しつこく嫌がらせをうける場所でもあるのです。
複数羽でおいかけてくるカラスを
ヒラヒラと実にうまくかわしながら、しっかり生き抜いています。
でも、モビングされている場面に出くわしたりすると、
カラスに腹がたってきて石でも投げてやりたいほど(^^;…届きませんが。

ジョウビタキも、もうちょっと日にちがたって
縄張りが決まると、姿を堂々と表してくれるように
なるのでしょうが、ちょっと厳しいでした。








プロフィール

ゆき

Author:ゆき
初めてのデジイチを手にしたのは2009年秋。
その年の冬以降、野鳥を主に身近な自然を撮って楽しんでいます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR