ミソッチ

我が家から片道41キロ。
越生の黒山三滝へ行ってきました。





囀る合間に
巣の材料を一生懸命集めています。

ツボスミレ

ニガイチゴ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

またまた遠方まで遠征 凄いファイトですね!

黒山三滝=ミソサザイ と聞いておりますが、

まだ行った事も無く ミソッチの姿を撮った事が

ありません。

キクイタダキと並ぶミニ野鳥 可愛いですね。

今日 上野の国立科学博物館に「大アマゾン展」を

孫と共に見に行きましたが フウチョウ類や蜂鳥など

小指の第一関節程の小さい鳥が多く見られました。

コスタリカやボルネオで実物を幾度も見ましたが

こんなに小さくなかったように思います。

オオマシコ 間に合いそうも無くなりました。(+_+)


No title

玉五郎さん、今晩は



この時期は黒山三滝=ミソサザイですね。去年は4月7日に行っています。遠すぎなくて、私にとっては行きやすいポイントです。でも、薄暗いのが泣き所で、シャッター速度が上がらないし、囀りがする所に目を凝らしても、なかなか姿を見つけられないし。

ところで、玉五郎さんはお孫さんを伴って「大アマゾン展」に行かれましたか。フウチョウといいますと、雄がダンスをする鳥ですか?蜂鳥などもテレビでしか見たことがありません。世界は広くて、ビックリするほど極彩色のハデハデお洒落な鳥がいますよね。それにつきましても、お孫さんには、良い春休みの思い出ができましたね。素敵なおじいちゃまです♪

No title



ゆきさん、こんにちは。



さて、レンジャクの飛びもの、カワセミの綺麗な

写真のコメントを書こうかな。って思ったら

既に更新してるじゃないですか!

それも「黒山三滝」の記事だし(^^ゞ

早っ!て思いました(笑)



それにしても、今日1発でバッチリのミソッチを

写されて素晴らしいですねぇ♪

雰囲気出てますし、良いなぁ~。羨ましい!



鳴き声が聞こえないと言うのは、本当に

致命的です。頼りは目だけですが、老眼だし(^^ゞ

とにかく、ナイスショットおめでとうございます!

No title

こんばんわ



ここまでミソッチのキレイな鳴き声が聞こえそうです ^^



今季はとうとうミソサザイには会えないで終わってしまいました

No title

こんばんは!

ほんと記事のアップが早くて吃驚です。

いらっしゃったんですね。

けっこういいお天気でも

沢も山側も薄暗いんですよね。

よくさえずっていますね!

さえずり中って、

私なんかぶれちゃうことが多いんですけど、

ビッシッと撮れていて素晴らしいです。

巣材集めもばっちりですね。



花の写真も素敵です。

何と言う花ですか?

どこかで見たことはあるのですけど、

名前が出て来ない.....ーー;

この間、気がつきませんでした。

No title

こんばんは!

片道41キロ・・・ここから、「カタクリ」を見に行く距離だ!

1時間半くらいで行けるはず・・・などと、思いながら拝見しました! ミソサザイ・・・まだ見ぬ鳥です(-_-;)

囀っているので 直ぐに姿が捉えられるのかな?・・・と思いましたら・・・やはり難しいですか!

そうですよね。 森の中でウグイスが囀っても、風の向きによっては 別の方向から聞こえて来ますからね^^;;

しかし、行くと撮れる! お上手ですね!ヽ(^^)ノ

No title

蝦蛄さん、こんにちは



昨日は、朝7時半に現地に到着したのです。

辺りから、ミソサザイの囀りが聞こえてきますが

全く目に留める事ができず、1時間余、ほとほと悲しいまま時間が過ぎました。薄暗さに目が慣れてきたころ、幹をゴミのようなちっこい影がサササ・・と動くのが見えて、アッ、いた!!と小躍りしながも、あまりに小さくて、こんな小ささだったっけ?かと、2度びっくり(^^; その後も、囀りがしてきても、その方向をじっとガン見しても目に入らないんです。

あの囀りが聞こえないとおっしゃる蝦蛄さんが如何に大変かよくわかりました。

No title

孤独さん、こんにちは



孤独さんのお住まいの辺りは、もう、ミソサザイは終わってしまいましたか。黒山三滝は、昨日の様子では、もうちょっとは滞在しそうです。営巣に入ると、雄は、他へ移動して別の雌と繁殖行為をし、また、移動していく、とか、そういう話を聞きました。

No title

ウィンターコスモスさん、こんにちは



昨日は、駐車場についたときから囀りが近くで聞こえていました。複数の雄がいるようですね。森で鳴く個体、それに張り合って沢の方で鳴く個体と、賑やかでしたよ。昨日は前半、まったくボケボケばかりで、途中からISO2000に設定しなおしたんです。それで、シャッター速度がなんとかぶれない程度に上がりました。花は、まったく知識がなく、たんに綺麗だなぁと思って撮りました(^^; そうそう、昨日は、あの沢にいつもいるキセキレイが探せませんで残念でした。

No title

白竜雲さま、こんにちは



ここ越生へ行く道は、のどかな山村を走りますので、交通も激しくなくて、41キロあっても、私には行きやすいです。そうそう、雄が複数いるようで、けん制しあっているのかよく囀っています。しかし、言い方が悪いですけど、ゴミみたいに、ちっこいんですよ(^^; それが、しかも、すばしっこいと来ている。囀っている枝をがん見しても、薄暗い場所なので、全く、目にとどめる事ができず、1時間半くらいは、来たのが間違いだった、、と後悔するほど、見つけられませんでした。

なので、沢の縁に腰かけ、早朝つくってきた卵焼きサンドイッチをぱくつき、お腹を満たして、気持ちを落ち着け、じっくりと粘る体勢を整えたんです。

No title

フウチョウの件ですが こんな関係のテレビは

欠かさず見ています。自然系が大好きだからです。

フウチョウやマイコ鳥など 興味を持って毎回

見ますが 当然ながら現物は見た事が無い訳で

テレビの映像から見ると スズメ位かな?と

思いましたが 今回剥製を見たら 本当に小指の

第一関節位な極小の鳥だったんです。

剥製にすると小さくなってしまうのかな?とも

思いましたが、テレビでは大小は不明ですね。

やはり現地で現物を見る事が一番大切と思います。


No title

玉五郎さん、こんばんは



わたしもBBCアースが提供するネイチャー番組が好きで、WOWOWでも特番が組まれるので、見逃さないようにしています。フウチョウは、極楽鳥とも言われるような、雄の場合、かなり派手な鳥ですよね。頭にワイヤーのような羽飾りがあったり、翼を巧みに使って雌に激しい求愛ダンスを踊ったりの。

マイコ鳥は、初めて聞きましたので、検索してみます。

No title

こんばんは。

フウチョウ、私もテレビで見ました。

ほんとにおもしろいですね。

そんなに小さい鳥なんですか。

テレビではわかりませんでした。



昨年4月、ミソサザイが翼を広げて

延々とディスプレイしているのを

軽井沢の野鳥の森で見ました。

まるでフウチョウみたいでした。



最後の花ですが、たぶん

1枚目、ツボスミレ

2枚目、キイチゴの仲間、ニガイチゴ

違っているかもしれませんけど....

No title

こんにちわ バタバタしてて、訪問が遅れました

皆さんが書いてらっしゃるコメントでいろいろな事分って興味深く読ませていただきました

それにしても、66キロとか、40キロとか遠征しても必ずしも会えるとは言えない鳥さん

それを必ずゲットするのに驚きです

探し方上手か、運がいいのか、羨ましい限り

ミソサザイって、名前しか知らず、、そんなに小さな鳥さんでしたか~

鳴き声だけでも聞きたいですね

No title

ミソサザイの鳴き声ってどんな?

って探したら、YouTubeにありました

特徴ある忘れられない鳴き声ですね

https://www.youtube.com/watch?v=9R6fjshhqdY

No title

ウィンターコスモスさん、今晩は



ミソサザイもフウチョウのように翼を広げてディスプレイを行うのですか! なんとも情熱的ですねぇ。叶うならば、そういう貴重なシーンを一度でも見てみたいものです。

ところで、花の件、有難うございます。

教えて下さった名前を検索しましたら、撮って来た画像と同じ画像が出て来て、ウォー!!と大喜びです(^^)/ 

早速、編集致しました。心から感謝感謝です<(_ _)>

また、色々、お教えくださいませ。

No title

とりこさん、今晩は



遠征した先で、お目当ての鳥さんに会えるのは、今季の私は、たまたま運が良いのだと思います。去年は、夏、埼玉県民の森に出かけても、逆光オオルリの真っ黒になった証拠写真3ショットしか撮れませんでしたから。蝦蛄さんはじめ他のみなさんは、クロツグミ、キビタキを上手に撮っておられるのに、ですよ。クロツグミ、なんとか出会いたいです。

ミソサザイは、今頃の黒山三滝に行かれるなら、囀りだけは必ず聞けます。あんな小さな体の割に、驚くほどのとっても大きな囀りですもの。初めて聞いたのは去年でしたが、その時、娘を連れて行ったのですが、二人して、ひたすら感激でした。
プロフィール

ゆき

Author:ゆき
初めてのデジイチを手にしたのは2009年秋。
その年の冬以降、野鳥を主に身近な自然を撮って楽しんでいます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR