夕陽に染まるホオジロ

昨日(19日)夕方、自宅近くの土手下に降りてみますと、

農道脇の畑地にはホオジロがいました。


KP9A7851 - コピー




KP9A7862 - コピー



18日(水)の在庫より

マイフィールド奥の方にいるルリビタキ♂

KP9A7618 - コピー

待てど暮らせど出てこないという噂の主。

案の定カメラマンは誰一人いませんで、

どうしようか思案中だった所、

いきなり頭上にハンサム君登場♪


KP9A7628 - コピー


KP9A7659 - コピー


KP9A7632 - コピー


この子はとても美しいです。

沢山撮りました。

KP9A7730 - コピー



KP9A7731 - コピー



KP9A7740 - コピー



KP9A7749 - コピー



KP9A7808 - コピー



KP9A7832 - コピー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ゆきさん、こんばんはー(^^)v

ホオジロ、とっても柔らかく良い雰囲気で写されていますね!
どんな鳥にかかわらず背景と光を上手く使うと雰囲気でますねぇ。
素晴らしい!
それと、ルリビタキも鮮明で綺麗な瑠璃色がバッチリです(^^)v
連日、ナイスショット連発ですね(^^)v

No title

ゆきさん こんばんは
ホオジロの背景がすっきりしてて良いですね
茶系もホオジロに似合う とても雰囲気あります

それからハンサムのルリビタキさん
どの画像もとても美しいです
モデルも美しいけど、負けずに美しい画像
うっとりです

ルリビタキ

おはようございます!
おっしゃる通り・・・ルリビタキは いきなり 登場しますね♪
ヒタキ類は 人懐っこく、沢山撮らせてくれるので 可愛いです♪(^^)

蝦蛄さんへ

こんにちは

このホオジロ、、、夕方近く、家に到着する前に、
ちょっと河川敷におりてみたのです。
すると、この冬、撮れていなかったホオジロが
草の穂先にゆられていて、しかも黄金色でしょ、とても綺麗にみえたのです。
褒めてくださいまして、有難うございます。

ルリビタキは、キクちゃんがいるあたりのルリ君です。
あわよくばキクちゃんも、、と思いましたが
そんなにうまいことゆきませんね。

とりこさんへ

こんにちは

日没ちかい光で撮るのは、本来の色がわかりづらく
あまり好みではないのですが、農耕地に残った叢が黄金色に燃えていて
なんだか縁起がよさそうに思えたのです。
しかも、何にもいないかと思って眺めるとホオジロがカップルで(^.^)

ルリビタキ、、この子は瑠璃色が濃くとっても美しいので
完全な成鳥でしょうね。
出が悪い個体だと聞いてはいましたが
早めにやってきてくれ割と長居しての大サービスでした。

白竜雲さま

こんにちは

北風が強い一日です。
昨夕から夜中にかけて雪か霙という事でしたが
早朝から仕事の身、降らずにほんとに良かったです。

ルリビタキ、この子はもう一角にいる個体に比較し
とても美しいのですが、無言で登場することがままあって
しかも、タッチ&ゴーに近い状況もある為、
気付かずにスルーしてしまいそうになります。

この日は、しきりに頭の上を右に左にと枝から枝へと
飛び交うので、ぼんやりの私でも気がつくほど。
おまけに、シャッターチャンスも沢山貰えまして、
とっても嬉しかったです。

No title

ゆきさんのお写真、いつも美しくて
こんな色合いに撮りたいなぁ〜と
思いながら拝見してます。

ここのルリ君はまん丸な目が可愛いですね!

ホオジロ写真もいい雰囲気!!

No title

毎回 素晴らしい写真を見せて頂き有難うございます。
私は今の所 ルリビにもアカゲラにも嫌われてしまい、
未だに姿を見付けることが出来ていません。
ゆきさんはいつも確実に目的を達成し 敬服しています。
結論から言えば やはり熱意の賜物でしょうね。



ウィンターコスモスさんへ

お早うございます。

連日、素晴らしい晴天に恵まれていますのに
北風ビュービューで寒いですねぇ。

マイフィールドには、
ルリビタキがいてくれるので、なんとか空振りは免れていますが
いい加減、他の鳥さんにも出会いたいですよ~。
たとえば、アカゲラ、トラツグミ、などなど。

しかし、ホオジロも田んぼでやっと撮れた次第です。
やっぱり寒いからと家でくすぶっているのが
まず、ダメなのですけどねぇ。
さて、今日はどうしようか、、と思案中(^^;

玉五郎さんへ

お早うございます。

わたしもアカゲラとは、まだ満足できる出会いが巡ってこないのです。
玉五郎さんは、去年の冬は、アカゲラの素晴らしいショットを沢山撮っておられ
なんとかあやかりたいと思いながらも、全く遭遇出来ませんでした。
今季もそうなりそうな予感です。

ルリビタキは、散策すれども、カラぶって手ぶらに近い場合、
なんとか、手土産を、、と、そういう気分で
すごすごと野鳥園の方へ辿り、
撮りにいっている次第なのですよ。

プロフィール

ゆき

Author:ゆき
初めてのデジイチを手にしたのは2009年秋。
その年の冬以降、野鳥を主に身近な自然を撮って楽しんでいます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR