ミコアイサ

本日、午後から時間が空き、レンジャクが気になりつつも

確率高そうなミコアイサに行ってきました。


今日はカップルで泳いでいます。

KP9A5401 - コピー




KP9A5477 - コピー



KP9A5665 - コピー



♂が魚を捕りました。

KP9A5306 - コピー


                               ねぇー、私に頂戴よ~~~!

KP9A5318 - コピー


                        ねぇったらぁ! あたしの一生のお願い!!

KP9A5330 - コピー



絶対、ヤダもん!!!                     ケチー!

KP9A5333 - コピー



                                  ケチ~~~~!                  

KP9A5334 - コピー


                                 すねちゃうわ!

KP9A5335 - コピー




KP9A5336 - コピー




KP9A5338 - コピー



早くのんじゃおっと!                       あんたなんか・・・   

KP9A5340 - コピー




KP9A5510 - コピー



KP9A5512 - コピー



KP9A5513 - コピー



KP9A5515 - コピー



KP9A5518 - コピー



KP9A5525 - コピー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ついに近くのミコアイサ♂、激写ですね!!
やっぱりとっても綺麗です。

おまけに愉快な場面、いいですね。
こういう場面が見られて、撮れたら
ほんとに楽しいですね!!

No title

ゆきさん、こんばんはー(^^)v

PCで見たら何となく、なんて書いてありましたが
素晴らしい出来栄えじゃないですかぁ。
羽を広げた場面も素晴らしいです!
それと、ストーリー展開が玉五郎さんのようで
思わず吹き出しちゃいましたー(笑)

ウィンターコスモスさんへ

こんばんは

ミコアイサという綺麗な水鳥を知って以降、
毎年・毎年毎年証拠写真レベルがやっとでしたが、
ほんとに、ついにですよ。(笑)
午後からの赤みのある光が、ちょっと難ですが
本物を近くで、たんと見れたので満足してます。



蝦蛄さんへ

こんばんは

ミコアイサ、お陰様で近くで撮れて気分は最高でした。
有難うございました。
400枚も撮ったのに、実は大半が色が変でした。
下6枚は、幸いに薄い雲が出てきて、午後からのきつい日差しを
遮ってくれたので、あまり違和感ない色で撮れた次第です。
他はダメ画像連発でした。

光が強い時に白い被写体を撮る時は、
-2/3位に補正べきだったのでしょうか?
白い被写体を撮るのは難しいと理解した本日のミコアイサでした。


ストーリー展開、楽しんでいただけたでしょうか。
♀は、ほんとにすねたのか?あの魚の一件以降は
♂から、かなり距離を置き、ペアで仲良く泳ぐことはなかったですよ。
今日は仲直りできていれば、いいなぁと思っています。

No title

おはようございます
やりましたね!!
ずっと会えなかったご褒美みたいに
しかもミコアイサがペアで!!
楽しい場面を見せてもらえて良かった

ゆきさんの嬉しさ伝わりましたよ

No title

パンダ鴨の楽しい姿がきれいに撮れましたね!
こうした様子を見ますと なんか人間の姿みたいに
見えてきますね。
わたしはこんなタイプの写真が好きなんですよ。

とりこさんへ

こんにちは

ほんとに、やっと、撮る機会が巡ってきたという感じです。
先週、池にいなかったので、やっぱりミコアイサとは相性が悪いんだ、と
諦めていましたら、わたしのブログに、
ryujinさんhttp://pandaplan.com/
「次の日はいましたよ」という書き込みをしてくださったのです。


先週末A公園内で会った鳥友方々も
「ミコアイサはいるよ~。北風が強いと葦に潜ってしまうんだよ」と
聞いて、なら、近日中に絶対リベンジと思って
手ぐすね引いていました(^^;

何年もかかってのミコアイサとの接近遭遇は
もう、めちゃくちゃ嬉しかったですよ。
憧れの水鳥でしたからね。

しかしですね、問題も、といいますか課題も残りました。
午後2時以降に池に到着しましたので、晴天で穏やかだったのは
いいのですが、日差しが結構きつかったのです。
白い鳥を撮る際の設定が良く分からなかった為、
没画像が多すぎも多すぎでした。

玉五郎さんへ

こんばんは

ミコアイサの姿を近くで撮れて、本当に嬉しく楽しかったです。
O宮公園のこの池は、そんなに広くはないですが
ミコアイサは、縦横無尽、勝手気ままに泳ぎますので
カメラマンは10名程いましたかね、その都度、撮りやすい岸へ歩きます。
池の西側へまわったり、北側へまた行ったり、
逆光だけは避けて、そりゃぁ何回も何度も場所を変えシャッターを切りました。
もし、行かれるなら、午前中がいいかもしれません。
昼からの光、結構きついので、ミコアイサの白がちゃんとした白に
撮れないのです。って、それって私だけかもしれませんけど。
プロフィール

ゆき

Author:ゆき
初めてのデジイチを手にしたのは2009年秋。
その年の冬以降、野鳥を主に身近な自然を撮って楽しんでいます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR