久しぶりのP森

今日はP森へ行ってきました。

アカボシゴマダラチョウの春型に遭遇

KP9A7902 - コピー




KP9A7943 - コピー




KP9A7913 - コピー



今迄聞いた事のない妙な鳴き声が雑草の中から聞こえてきました。

なんだろうと思い、静かにして待っていると

KP9A7938 - コピー

妙な鳴き声の主は、雉♀でした。

絶えず、鳴いています。

しゃがんで静かにしていると、ちっこい物体が2つ、

目の前を高さ60センチほどにハイジャンプして♀雉がいる方へ。

早すぎて撮れませんでしたが、雛鳥だったと思います。

母雉の出す警戒音の初聞きでした。


沼池ではスイレンが咲き始めていました。

KP9A7947 - コピー


コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは

このチョウはアカボシゴマダラの春型でしょう。
先日清瀬でも見ました。
ゴマダラチョウはこれほど白っぽくないです。

野鳥は子育て真っ最中ですね。
キジのヒナはいきなり走り出したりして
びっくりしたことがありますけど
写真をちゃんと撮るのは難しいですね〜

ウィンターコスモスさんへ

こんばんは

早速、アカボシゴマダラの事をお教えくださいまして
有難うございます。
書き換えてきます~。

P森の中で雉が子育てしているとは
思いませんで、妙な鳴き声と、チラッと見えた尾羽で
こりゃぁ見慣れないシギチかな?と最初は思いました(^^;
考えたら、コジュケイが騒がしく鳴いているくらいですから
雉だって暮らしているのでしょうねぇ。
しかし、、ちびっこの雛も、凄いハイジャンプするんですねぇ。
走って逃げるだけじゃなく、時にはジャンピングして
外敵から逃れる術を使うんですねぇ。
ビックリでした。



こんばんわ

キレイな蝶ですね~
蝶の名前はモンシロチョウとクロアゲハくらいしかわかりません ^^;

孤独さんへ

こんばんは

わたしも、6年ほど前までは
蝶というと、モンシロチョウ、モンキチョウ程度しか
分かりませんでした。
もっとも、今でもアゲハ蝶は、ナミアゲハなのか?
キアゲハなのか、あやふやなのですけどね(^^;

話はそれてしまいましたが、
実はP森には期間限定のとっても美しいシジミチョウがいるのですよ。
その中でも、ミドリシジミが私のお目当てでして、今日は会えるかな?と
期待しつつ行ったのです。
情報によりますと、昨日あたりから達人方々が
撮っておられるので、俄然期待が膨らんでいます。

No title

 Pでキジですか・・・ 見た事はありません
あそこに行けばたくさん見られるんですけどね。 (^^)/

キジは雄雌とも それなりの写真は撮れていますが
幼鳥は見た事がありません。
カルガモみたいに 親の後を走ってくる姿は ぜひ
撮ってみたいものです。

P森

こんばんは!
P森・・・お近くだのに いろいろ居るんですね!
「魅惑の森」と名付けても 良さそうですね♪(^^) 

玉五郎さんへ

こんばんは

P森の中で雉を観るのはわたしも初めてでした。
子育て中だから、入り込んでいたのでしょうかね?
雛を連れている様子でしたが、肝心の雛は目の前を一瞬で通り過ぎて行き
はっきり見る事等できません。
凄いですよね。
野生の生き物の生き残るための身体能力には敬服します。

今、O農地C区ではカッコウ撮り、
B区ではヨシゴイ撮りのカメラマンが数名です。
参加しようと思いましたが暑すぎて断念しました。

白竜雲さまへ

こんばんは

ほんとに、その通りなのですよ。
我が家から直線距離で2キロ無いというのは有難いです。
ネックは荒川に架かる橋なのですが。
めぼしい鳥もいなくなって、カメラマンも激減してしまいましたが
これからはゼフィルスが舞いだしますので、わくわくです。

ただし、このところの高温で蚊などの虫が
一気に増えました。


プロフィール

ゆき

Author:ゆき
初めてのデジイチを手にしたのは2009年秋。
その年の冬以降、野鳥を主に身近な自然を撮って楽しんでいます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR