久しぶりのI沼

KP9A0381 - コピー


カイツブリが子育てに懸命でした

KP9A0515 - コピー




KP9A0541 - コピー




KP9A0604 - コピー

親鳥は潜ってはすぐザリガニを捕まえてきます。



KP9A0714 - コピー




KP9A0816 - コピー



KP9A0817 - コピー



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ゆきさん、こんばんは~。

おぉ~、カイツブリの親子ですか。可愛いですねぇ。
やっぱ、カルガモ親子もそうですが、おこちゃまは
可愛くて良いです(^^)v

それはそうと、家でリンゴがなるなんて初めて聞きました。
トマトじゃないんだから、すごいですね~。

蝦蛄さんへ

こんばんは

ほんとに、同感です~。

ベビーちゃんの愛らしさは人も動物も共通していて
みていても気持ちがほっこりします。

リンゴは、ここまで育ったのは実は初めてなのですよ。
食べる事ができるまで落ちないで木になっているのかしらん???
正直、疑心暗鬼中です。

うちの畑のミニトマトはまだ収穫を迎えていませんが
蝦蛄家のは、もう食べられる時期なのですねぇ。
最近は、ミニトマトも進化して甘みの濃い種が出回っていて、
フルーツ感覚でパクパク食べることができ
最高ですよね。

No title

こんばんは

カイツブリのヒナ、大分大きくなりましたね!
ずいぶん大きなザリガニを捕まえててびっくりです。
やっぱり子どもたちのためにがんばってるんでしょうね〜

こんばんわ ^^

大きなザリガニを捕まえましたね!
ちぎってヒナに与えるのでしょうね

ここはかのレンカク以来行ってません
遠くて撮れなかったけどね (;>ω<)

No title

こんばんは
カイツブリの子育て 可愛いですね~~

ずっと前に、水元に観察に通った事があるんですよ
その時のことと重なります

一所懸命餌を探して、ヒナに与える親
ヒナも親も可愛いわあ

ザリガニ

こんばんは!
ザリガニを雛に与えるのですね!
噛み砕いてやらないと 雛は硬い所は食べられないでしょうね(^^;;)

ウィンターコスモスさんへ

こんにちは


久しぶりのI沼はまだ蓮にはちょっと早かったですが
カイツブリが賑やかでしたよ。
なかなか子育てがうまくいかない年もあるのですが
今季は順調ですねぇ。

ここはザリガニがかなり豊富なようで、
潜るとすぐにとってきます。
父親も母親もよく餌を捕ってきては雛に与えています。

孤独さんへ

こんにちは


孤独さんもレンカク飛来の時、ここへお越しだったのですね。
私も2度行きましたが、おっしゃるように遠くて、私のレンズでは
かなり厳しかったです。

ここはザリガニがかなり豊富みたいですね。
潜るとすぐにくわえているのですよ。
尻尾をみても、太さがわかるザリガニです。
たまに、1匹まま、雛に与える時もあるのですが、
雛は自分では処理しきれず結局離してしまいます。

で、ちぎっては、与え、ちぎって与え、して食べさせていましたよ。

とりこさんへ

こんにちは

ここのカイツブリは、年によっては局地的豪雨で巣が水没したり
卵や雛を食べられたりして、子育てがうまくいかない年も
あるのですが、今季は今のところスムーズのようです。

子育ての様子をみていると気持ちが満たされますねぇ。
親の一生懸命さや、子への配慮、雛たちの愛らしさが最高です。

無事に成鳥にまで育ってほしいです。

白竜雲さまへ

こんにちは

ここの沼は
水の上を歩けるようになっている遊歩道が設置されていまして、
カイツブリはその遊歩道からよく見える場所にいるので
カメラマンもそこそこ多かったですよ。

大きなザリガニを次々とってくるので雛たちは
すくすく育つでしょうね。
みていますと、硬い殻は除去し、中の柔らかい透明な身を
ちぎっては、与え、ちぎっては与えていました。

たまに、大きいまま、もらう雛もいるんですよね。
でも、自分ではもてあまして、結局ポイ!してしまうんですよ((+_+))
親は慌てて潜って拾ってきます~。

No title

カイツブリの雛が親の背中におんぶされている場面を
是非撮りたいと念願していますが 今はカルガモの
親子さえ見る事が無く 残念です。
いつも綺麗な映像 素晴らしいです。

玉五郎さんへ

こんばんは

ウィンターコスモスさんが1週間ほど前でしたか、
このI沼で背中にヒナを乗せたシーンをご覧になったようですよ。

この日、お会いした顔なじみのカメラマンご夫婦が
「卵の時期も、背中に乗っている時期もみたよ」と。
決して遠いとは言えない距離なので、わたしも
マメにいけばよかったなぁ!と後悔しました。

プロフィール

ゆき

Author:ゆき
初めてのデジイチを手にしたのは2009年秋。
その年の冬以降、野鳥を主に身近な自然を撮って楽しんでいます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR