ササゴイ

午後からササゴイポイントへ。

確認したところでは3羽がいて、背景の良さげなところの個体は

何回トライしても小さいエビのような獲物が精いっぱい。

KP9A1703 - コピー




KP9A1712 - コピー

到着してから約40分くらいはこんな感じ。

暑い!!


このササゴイも、ず~~~と狙いを定めてはいるけど・・・・

KP9A1685 - コピー



少し橋側へ移動し

ダイナミックに水に頭を突っ込んでいる、この子に期待を。

KP9A1738 - コピー




KP9A1735 - コピー



素早くて良くわからなかったけれど

今度こそgetしたかも・・・

KP9A1744 - コピー




KP9A1745 - コピー




KP9A1747 - コピー



お見事!!

興奮状態で鶏冠が逆立ってます


KP9A1818 - コピー





KP9A1828 - コピー




KP9A1875 - コピー




KP9A1877 - コピー



KP9A1878 - コピー




KP9A1628 - コピー




KP9A1641 - コピー



感じの変わった雛鳥がいます。

この子もカルガモの子??

KP9A1690 - コピー

手前の子です。

他の子に比べて色白です。



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは

暑い中、良いシーンが撮れて、よかったですね!!
大きなオイカワは、ササゴイにとってもなかなか難しい相手なんでしょうね〜

カルガモの中に一羽の白っぽいヒナ
以前こういう子をいっぱい引き連れたのを見ました。
マガモかな?と思ったりしましたけど。。。。。
これは一羽だけですから不思議ですね。

あの時は逆で、カルガモのヒナみたいなのが
1、2羽まじってました。
URLにリンクしました。

こんばんわ ^^

今日も川は暑かったでしょうね 

ササゴイが小さな獲物を獲るとCMのガッカリ声がね
自分もそうでした (笑)

婚姻色のオイカワをゲット
ヨカッタですね
これがないと行った甲斐がないですからね

ウィンターコスモスさんへ

こんばんは

時々、雲が日を陰らせるのですが、それでも、かなり暑くて、
目的のシーンがアウト続きなので、本当に根をあげるギリでしたよ。

毛色の変わった雛、リンクしていただいた先を拝見しました。
ほんとに~~!です。
6羽が毛色の変わった子で、カルガモの雛っぽい色はたった2羽ですねぇ。
マガモの雛の色は未見なので、どういう感じか知らないのですが、
雛の毛色がはっきり違いますものね。
彼らが親子というのは確実ですよね。。不思議というか面白い光景です。

孤独さんへ

こんばんは

暑かったですよ~~。
曇りがちなので、いくらかマシかと思ったのですが
覚悟して出掛けても、やっぱりあのポイントは暑いです。


そうそう、迫力よく突っ込んだのに、捕ったのが小さな獲物だった時は
落胆がつい、声に出てしまいますよね~(^^;
ともかく、大きなオイカワが捕れて、私もどうにか目的を果たせたので
ルンルンで帰ってきました。



No title

ゆきさん、こんばんは~。

今日、午後から行かれたのですねぇ。暑かったでしょう?(^^;d
それと、ずっと狙いを定めているササゴイ!
「早く、ガバって行けよー」って毎度のことながら
思ってますので、この写真を見たとき、その時の情景が
目に浮かび笑えましたー(笑)
あと、ササゴイの鶏冠があんな風になるなんて初めて知りましたし
始めて見ました!ナイス瞬間ですね(^^)v

それから15枚目と16枚目の写真、いいですねぇ。
特に一番最後の縦構図。
空と雲が微妙に写ってて、ピントも絞り気味でしょうか
全体的にピントが来てて、素晴らしくナイスです(^^)v
白いカモもアクセントになってて💮

ササゴイ&変なカルガモ雛

こんばんは!
デッカイ魚を獲りましたね!♪(^^) 
本当ですね・・・托卵されたのではないでしょうね?(^○^)

No title

お~ 今年もササゴイ+オイカワの定番が撮れましたね。
不思議とこの組み合わせが最高だと思いますよ。
羨ましいです。

カルガモの雛 これは興味がありますよ。 有名な童話の
醜いアヒルの子 を連想してしまいました。
突然変異なのか托卵なのか 結果を知りたいものです。
しかし どう見ても異種の鳥に見えますが どうでしょうね。

蝦蛄さんへ

こんにちは

今日もめちゃくちゃ暑かったですねぇ。
昨日は仕事から上がったあと、出かけたのです。
しかも、仕事からがって携帯を見ると
娘から着信があって・・・・
マンションに寄って、、つまり娘のお守りを兼ねてですよ。
先週のフクロウ見も娘のこぶつき。
産休中は、この体制がずっと続くとおもうところ。

今日も、伊佐沼に行ってきました。
自分一人なら、勝手気ままに過ごせるのですけど、
なにせ10か月の孫を娘が抱っこ紐にいれて、くっついてくるので
今日も赤ん坊がゆでだこ状態になり、早々にららぽへ避暑に!
という次第で、ろくな写真が撮れていません。
しかし、伊佐沼はめちゃくちゃ暑く、
もう、私には入間川も伊佐沼も今後はむりっっぽいです。

そうそう、前回行った時も、あの、ずーーーーっと狙いを定めての低姿勢ササゴイ、
同じ状態でした。
蝦蛄さんの時も、ずーーーーっと同姿勢でしたか。
待ってられないほど、長いですよね、あのササゴイ。
今年はヘタッピだと聞いていましたけど、ほんと、そう思います。
縦構図の写真、ほめてくださいまして有難うございます。
晴れていたので、空の映り込みが涼やかで、しかも、
いい感じの角度でカルガモ一家がこちら側へ泳いできてくれました。

白竜雲さまへ

こんにちは


でっかいオイカワを捕ってこそ、ここでのササゴイ撮りは
納得がゆくわけなのですよ。
前回、私が行ったときはダメダメでして、かわりにダイサギが悠々と捕まえて
いました。
ここは、川っぷちでしてめちゃ暑いんです。
でも、ササゴイが見事に狩りをしてくれると、不思議に暑さを忘れるんですねぇ。
現金なものです。げんきんって現金って書くんでしたっけ???

托卵というより、
ひょっとして、お母さんカルガモの浮気???(^-^;
アハ・・・

玉五郎さんへ

こんにちは

今年も、ササゴイ&オイカワの季節になりましたね。
今季は2回目のトライで、オイカワを撮ったシーンが撮れたため、
もう、あの炎天下に行く必要もないと、ほっと胸をなでおろしています。

しかし、それに懲りずに今日は伊佐沼行きでした。
雲があったので、いくらかマシかなと思ったのですが
雲が流れ去ると、もう、めちゃくちゃに暑かったです。

カルガモ親子、、わたしも変な組み合わせだなぁと思いました。
よその子を、野生のカルガモお母さんが預かるわけないし・・・。
お母さんの遺伝子にマガモか、ほかの鴨の遺伝子があるとか?
それとも、お母さんがお父さん以外のイケメン鴨とわりない仲に
なったのか?????
謎がいっぱいです。
ウィンターコスモスさんの過去ブログを拝見しますと
8羽の雛のうち、6羽が白っぽい子なのですよ。
同じ、この入間川ポイントなのです。
これ、どうした理由なのでしょうねぇ。


プロフィール

ゆき

Author:ゆき
初めてのデジイチを手にしたのは2009年秋。
その年の冬以降、野鳥を主に身近な自然を撮って楽しんでいます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR