ちょっとだけ渓谷

渓谷周辺の気温22度

アオゲラ

ツリフネソウ


コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは!

奥秩父最後の秘境ですか!

涼しそうですね!

でも、8㎞もあると・・・一周は無理ですね!(^^;)

アオゲラにも 簡単に会えるんですね! いいですね!♪(^^)

No title

こんにちは

涼しいんですねぇ〜



アオゲラがばっちり、

今時、とっても珍しいですよね!



ヤマトシジミもいい場所ですね!










No title

西沢渓谷は4~5年前に仲間家族8名ほどで歩いた

事があります。

川沿いの険しい山道をかなりの時間登って行き

河を渡って反対側を下ってきた記憶があります。

野鳥にも殆ど出逢わず 景色だけの山歩きでした。

仲間の居住地の都合で往復共 甲府側からの交通

でした。

No title

白竜雲さま、こんばんは



奥秩父の更に奥、と、良くご存知でしたねぇ。

ここは、初めていった処です。

どういう支度をすべきか、勝手が分からず、望遠レンズを首にかけ、ソニーのサイバーショットを手首にかけて歩きましたら、もう、とんでもない行程で・・・(^^;

8キロを3時間半かかると聞いた事もあってゲロゲロ状態(T_T)

恥ずかしながら、途中で断念した次第です。

No title

ひげ爺さん、こんばんは



この所、連日のように雷雨に見舞われるせいでしょうか、一気に空気が秋の気配に変わりましたよね。

涼しくなりだすと、そろそろ渡りもやってきますし、楽しみも増しますよ。



ツリフネソウはこの渓谷沿いの山肌のあちこちに咲いていました。

この時は名前もわからず、適当に雑に撮ったのですが、

戻ってきてツリフネソウだったと分かって、あちゃ~!でしたよ。

平野部で等、見る事のできない野草でしたのに、角度を変えて、他の構図でも色々撮るべきだった、、、と、嘆いても、後の祭りでした。

アオゲラは、看板のかかっている渓谷のほんの入り口付近で、やたら煩く騒いでいたのです。声の感じで複数羽いる気配でしたが、枝や木々が茂っていて、まともに目視できませんでした。

ここでは、景色やお花撮りに専念すべきポイントと思いました。

No title

ウィンターコスモスさん、こんばんは



この日は熊谷で34度という日でしたよ。渓谷沿いは22度と表示されていました。駐車場の真下に水遊びの家族がいましたので、流れに手をいれてみましたら、水はとんでもなく冷たいんですよ。

アオゲラは、声が随分うるさかったので、ファミリーでいたのか?

つがいで騒いでいたのか??木々が茂っているので、ちょっと未確認です。初めて行ったため、レンズは何を持つべきか、分からなかったので、三脚は使え無さそうでしたので、首から望遠レンズを下げて歩き出したのですが、ここは、景色やお花メインでレンズを選ぶべきポイントでした。この点も失敗でした。

No title

玉五郎さんは、ここをご存知だったのですねぇ。私は、初めて行ったため、勝手が分からず、渓谷沿いにミソサザイでもいるのか??と甘い考えで歩き始めました。三脚は使え無さそうな気がしましたので、

手持ちで100-400望遠レンズと、ソニーのサイバーショットの2刀流で。知らぬとはいえ、考えが甘かった、知らぬとはいえ、ほんとに甘かったぁ!!でした。

足元が悪いのと重さの為疲労が増し、歩きだして40分程でヨレヨレヘロヘロ状態に、、。連れ合いも「腰がぁ~~」と言いだし、結局引き返してきたんですよ。ここは、景色撮りでレンズを選ぶべきですねぇ。

No title

涼しそうな所へお出かけだったんですね

良いな~~ 西沢渓谷 私も昔行った事あります 目的はハイキングだけでした!

今は、こんな時カメラはどうしようかと思いますネ

へろへろよれよれ状態!! 分りますよ~~

私も旭岳には、時間が十分あったのに登ろうか悩みましたもの

結局散歩道だけでした

今でも、ゆきさんと同じような体験何度もしそうです



アオゲラがきれいに撮れて 手持ちでも大きなカメラ持ってて良かったですね

お疲れ様  でも渓谷涼しげで良かったですね

No title

とりこさん、こんばんは



とりこさんも、玉五郎さん同様に、ここへはハイキングでいらっしゃった事がおありだったのですねぇ。100-400望遠レンズなど、首から下げて歩きだしたがために、奥の方の美しい光景を目にする事も出来ず、せっかく初見のツリフネソウだったのに、疲れもあって、いい加減な撮り方をしてしまい、色々失敗の巻でした。

まぁ、失敗も楽しい思い出の一つですから、

次回こそは!!と(^^)/
プロフィール

ゆき

Author:ゆき
初めてのデジイチを手にしたのは2009年秋。
その年の冬以降、野鳥を主に身近な自然を撮って楽しんでいます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR